やっと見つけた?ボトルネックをプレゼントするならココ 2017年度

あのあと主人公がどうしたのか…を考えるのも一興。ネットで面白いとの評判を見て!購入しました。感性にすぐれた小説です。

これっ♪

2017年02月09日 ランキング上位商品↑

ボトルネックボトルネック [ 米澤穂信 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

結構いやな話で、読んでいくとどんどん気分も暗くなります。展開が分かってしまうようなストレートさが売れる小説の秘訣ですね。折れた竜骨が話題となっていますので読んでみました。これはこれで!別物!別格なミステリーです。米澤氏の高校生を主人公とした作品ですが、シリーズものからは外れた単発です。この作品も間違いなかったです。一言で言うなら「おもしろかった」です。一見SFのようでいて、実は純文学並みの深みがあり一見暗い結末のようでいて、実は人間の温かさに触れるしくみになっています。「犬はどこだ」「ボトルネック」「インシテミル」という順番で読みましたが!それぞれ違った味で楽しませてくれます。ネタばれになるので内容は書きませんが!個人的には好きな作品です。多分!読者の思考で!この後の彼がどうなるか!考えて下さい的な!文章は!作者が楽しんでわざと!推理させてる気がします。かなり重いテーマに!最初は!???暗い…と!読むのが大変な文章ですが!いつの間にか!作者のペースにはまってしまいます。なんかとても悲しくなる話ですね。これを読んでから「インシテミル」も買って読みました。すこしがっかりです。推理小説というよりは!SFですね。 後味は苦みが強くて最悪なんですけど!読書そのものは楽しくできた。「完全な自己否定」この作家の軽いタッチのものも好きですが!こういう重〜い話もあっていいじゃないですか。内容はあまり自分好みではありませんでした。万人受けする作品ではないので、オススメ度は星☆4つにします。たいへんおもしろかったです。この作品で彼の大ファンになりました。一人称で!主人公がどんどん自分を主観的に否定してゆく作品でそれに引き込まされる倦怠感はある意味すばらしい。スッキリしない終わり方でした読み返すことはない作品ですありがとうございました。個人的には退屈でした。設定もリアリティーがないし描写も一人称、独断路線なので大味な印象ですが読み込んでみると、かなり緻密な筆ですね。人によって、想像が違うから、そこを、狙ったのでしょうね。読み込んでいくと!あっという間に!一冊読破し終えるので!あっ?終わり…か!と!ページめくって気付く感じですね。難しい内容ではなくお気楽に読めるのも良いです。面白いかつまらないか、読んだ人しだいです。小市民シリーズのような形を期待してる人は!違うかもって!思う作品です。話の設定は非常に興味深いものでしたが、それ以上のことはありませんでした。。最後のあなた(読者)の選択こそ正しくそれは、作者の意図が入る余地すらないのでしょう。読み終わって!しばらくしてから良さが身にしみてくる。米澤穂信さんの作品を読み漁っています。まぁ、あまり人には勧めないなぁ面白いけどねマイナスの作品を読むのは、マイナスなりにエネルギーを消費するものだと思うそれでも気になるという方はどうぞ期待に添えると思います。とてもネガティブな内容ですが、個人的には大好きです。パラレルワールドを舞台にした、とってもネガティブな要素の強い作品。最後は、すっきりしないと思う人もいるかもしれませんが絶望的にあがくというのも、この作品のコンセプト読者は主人公と一緒に、主観的な立場でこの作品関わるのです。